お腹を引っ込めるトレーニングに必要な「腹横筋」を鍛えるドローインを取り入れることによる効果

お腹ぽっこりの原因は「筋力の低下」によるものだと言われています。

ドローイン

この、筋力の低下を改善するお腹痩せに効果的な方法とは「ドローイン」です。

ドローインとは、簡単に言うとお腹を引っ込めることです。

息を吸ってお腹を大きく引っ込めるエクササイズです。

ドローインは姿勢を選ばずどこでも手軽にできるのが大きな魅力です。

テレビを見ながら、ベッドに入って眠る前など日常生活で自分の好きなタイミングで好きな姿勢で取り入れることができます。

道具を準備したり、場所を選ばないので、続けやすいのも魅力の1つです。

 

1日30秒ドローインを取り入れることで、お腹を刺激することで、徐々にお腹痩せ効果を高めてくれます。

30秒維持するのは最初は結構難しいのですが、毎日継続してやると30秒維持するのが段々とうまくできるようになります。

30秒でできるようになったら、40秒、50秒と徐々にキープする時間を延ばしていくとよりドローインの効果を高めることができます。

 

ドローインはお腹ぽっこりの場合に鍛えないといけない「腹横筋」を効果的に鍛えることができます。

腹横筋はウエストのクビレを作る筋肉なので、ここを鍛えることでウエストのサイズダウンも期待できます。

ドローインは日常生活の中に簡単に取り入れることができるエクササイズです。

ドローインを取り入れることで、お腹を引っ込めることを意識できるので自然とお腹が引っ込んでくるのを実感することができます。

 

ぽっこりお腹が気になる方は正しい方法でドローインをおこなってください。