ぽっこりお腹を解消してくれる食事法とは?

ぽっこりお腹を解消するのにストレッチや運動も効果的ですが、食事法を見直すことも大切です。

食事

食事を抜いたりカロリーを大幅に制限する方法はエネルギー不足になって代謝がダウンし、体脂肪が燃焼しにくくなってしまいます。

ぽっこりお腹に効果的な食事法として、食事の中で気をつけたいポイントを押さえて実践します。

 

1つ目は「腸内環境は整えること」です。

ぽっこりおなかの原因の1つに便秘がありますが、便秘解消には腸内環境を良くすることが必要です。

そのため、善玉菌を増やすビフィズス菌や乳酸菌を多く含む発酵食品を積極的に摂ることがベストです。

中でも、ヨーグルト、チーズ、漬物、味噌、キムチなどを毎食摂り入れることがおススメです。

 

2つ目は「朝昼夜のカロリーバランス」です。

食事は1日3食が基本です。

脂肪燃焼効率の良い昼に一番ボリュームある食事を摂って、代謝の下がる夜は軽めで消化の良い食事にすることがぽっこりお腹解消に効果的です。

 

3つ目は「ご飯や麺類などの炭水化物は適度に減らすこと」です。

炭水化物を減らすと痩せるからぽっこりお腹も解消できると思う人も多いですが、炭水化物を極端に減らしてしまうのは間違った方法です。

摂りすぎは良くありませんが、炭水化物は人間のエネルギー源となる大事な栄養素ですので、炭水化物を抜いてしまうのは良くありません。

主食には熱を起こす糖質を含んでいるため代謝が上がりやすいお米がおススメです。

ぽっこりお腹解消には、いつも食べているお米の量を半分に減らすのがポイントです。

 

運動だけでなく、食事法を見直すことで、よりぽっこりお腹解消効果を上げることができます。

無理のない範囲で少しずつ改善させることが大切です。

自分のモチベーションを持続させるために、ぽっこりお腹を解消できたらやりたいことを決めたり、週に1度は好きなものを食べるといった自分にとってご褒美となるルールを作ると長続きしやすいです。

ついつい食べちゃう癖を回避する環境を作ることも効果的です。

 

バランスの良い食生活にシフトすると、健康的にスッキリとしたお腹へ近づけることができます。