ウエストがゴムのジーンズの着用をやめてお腹ぽっこりを解消しました

30代後半の女性ですが、今から8年前に出産して1年半の授乳を終えた後に体重が3か月で5㎏増となり、お腹がぽっこりしてしまったことがありました。

授乳

その時はまずは食事の量を減らしましたが、そう簡単には痩せていきませんでした。

体重は見た目では増えていることが分からなかったようですが、お腹は誰が見てもぽっこりしていることがわかったので、せめてお腹だけでも引っ込めたいと思うようなりました。

しかし当時私はウエストがゴムのジーンズを着用しており、腹部を締め付けていなかったので食事を摂りすぎても苦しいと感じることはあまりなかったのです。

 

そのようなことからウエストがゴムのジーンズを履かなければ食事を摂りすぎないだろうと思うようになり、それまで履いていたジーンズを全て処分してウエストがボタンのジーンズを着用するようになりました。

すると食事をお腹いっぱい食べるようなことがなくなり、以前よりも食事量が減りました。

そして1か月経過したころには、1サイズ下のジーンズが着用できるようになりました。

 

その後も同じように痩せては1サイズ下のジーンズに買い替えるということを続けていたら、いつの間にかお腹のぽっこりが目立たなくなりました。

現在は最初に妊娠する前よりもサイズの小さいジーンズを着用しています。

お腹ぽっこりについては、食事量を減らすだけでは引っ込まないことも多々あるので、腹部に直接影響を与えそうな手段で引っ込めるのがいいと実感しました。