呼吸法の意識でダイエット

私が実践した「ぽっこりお腹解消法」は、「運動」と「運動中の姿勢」です。

「運動」は基本的に「有酸素運動」をします。

エアロバイク

フィットネスクラブ(スポーツクラブ)では、エアロバイク(自転車)、トレッドミル(ウォーキング、ジョギング)、ステアマスター(階段昇降)などが基本になりその他には、スタジオで行われるエアロビクス(エアロビ)などがあります。

 

フィットネスクラブに通える時間がないという方は、日頃の生活で工夫すると良いと思います。

自動車やバイク通勤を自転車に変えたり、また自転車を徒歩に変えたりすることで、身体へのダイエット効果は出てくると思います。

本当にちょっとの工夫で変われます。

階段

追加で、いつも2階まで上がるのに、「エレベーター」や「エスカレーター」を使っているところを「階段」にするだけでも、消費カロリーは違ってきます。

 

このような大きな動作の運動でなくても、「呼吸法」だけでも使われる筋肉の量が変わってくるので、「呼吸法を変える。」というのも違ってくると思います。

詳しく話すと「胸式呼吸から腹式呼吸」に変えるだけでも、「胸式呼吸」と「腹式呼吸」で使われる筋肉が違うので、消費カロリーも変わってきます。

 

これを考えると、運動中に呼吸法を意識していくと使われる筋肉の量が変わる為消費カロリーの消費率が変わってくると考えられます。

しかし、慣れるまでの時間がかかると思いますが、挑戦する価値はあると思います。

呼吸は特に腹式呼吸はお腹の筋肉も使うので、目的達成に早く近づけると思います。