体幹トレーニングによる引締め

お腹

そもそもぽっこりお腹の原因は「腹筋まわりのインナーマッスルの衰えによる内臓が下がる現象」か、もしくは「内臓脂肪」によるものと言われますが、私の場合、「インナーマッスルの衰え」に起因するものではないかと思われます。

以前は全く感じなかったのですが、ここ5年くらいの間にどんどん進行している感じがするのです。

そして、同時に体がだるかったり、重かったりという状態になってしまったのです。

 

そこで、私の具体的なぽっこりお腹を解消する方法は適度なストレッチや運動によって治す様にしたのです。

まずは体幹トレーニング。

これにより、腹横筋・大腰筋と呼ばれるインナーマッスルを鍛える事としたのです。

 

また、お尻の筋肉を鍛え、脂肪を溜まりづらくする様にしました。

具体的には、あお向けになって、ひざをたてた状態で、お腹をしっかり使った呼吸を繰り返し行います。

これを何度かベッドの上で繰り返し行います。

この時、お腹をぐっと引き締める状態に持っていくことで筋肉を意識した呼吸をする様にしました。

 

他にも、体幹の姿勢を保つことで、インナーマッスルを鍛える事に力を入れたのです。

 

これを1ヶ月続けているのですが、最初はこの程度のトレーニングで筋肉痛になってしまうほどだったのですが、今では、少し多めにトレーニングが出来るほどにもなりましたし、筋肉痛は全く起こりません。

ウエスト自体はまだ変化がないのですが、身体は軽くなった感じがしています。

これからも続けていきます。